2016年5月13日

こんにちは。

いつもありがとうございます。

三次・庄原・安芸高田・世羅・神石・福山・府中・・・をはじめとした、広島県一円にてお墓、石材のお仕事をさせていただいています、「墓石ひらかわ」です。

本日は、三次市の共同墓地にて、お墓の基礎工事を施工してきました。

実際にお墓の基礎工事を見る機会は少ないと思います。石屋さんによってもやり方なども違いますので、当社の基礎工事の事例をご紹介いたします。

image

たくさんお墓があります。

今回は、今までのご先祖様のお墓を整理させていただいて、代々墓を建てます。

前もって基礎工事を施工して、日を変えてこの上にお墓が据わります。

この基礎工事の施工手順、仕組みをご説明します。

image

まず、規定の深さまで穴を掘っていきます。位置なども丁寧確認して掘っていきます。

 

image

穴を掘ったら、ランマー(転圧機)を使用して土をたたき固めていきます。

大切なお墓の一番下の基礎の部分ですので、地盤も機械を使い、押し固めていきます。

 

image

下にコンクリート敷き、専用のカロートを水平に据えていきます。このカロートの中にお骨を納めていただくようになります。

実際には、この上にお墓が据わりますので普段はみえません。

image

しっかりコンクリートを使い仕上げていきます。真ん中の部分は、水が溜まらないようにコンクリートで閉じないようにしておきます。

基礎工事兼、納骨室の完成です。お墓を建てる時に、中のコンクリートなど見えないように綺麗な真砂土を入れて、その上にお骨を納めていただくようになります。

当社の基礎工事兼、納骨室の場合ですと、7寸サイズの骨ガメで9個から16個納めていただけます。(お墓のサイズ等で個数が変わります)

今までも代々墓にしたいけど、お骨はあまり入らないのでは?とお客様にもよく聞かれることありました。

しかし、安心してください。たくさんお骨も納めることができ、次の代の方にも安心していただけます。

 

image

こういった見えない部分も、しっかりご理解、ご納得していただけるよう頑張っていきます。

よろしくお願いします。

 

(有)平川石材店 三次店 平川秀一
—————————————————————————
ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-14-1119
(有)平川石材店 三次店 平川秀一